【終了】【12/3セミナー】息子が親を介護するとき考える 親の老いへの向き合い方(主催:宇部市)

お知らせ

「働きざかり」 の年齢で親の介護に直面する男性が増えています。
今や介護者の 3 人に1人は男性です。

息子研究の第一人者である平山先生に 「息子介護」 特有の課題を掘り下げ、 男性が見落としがちなもの、 男性が高齢の親に関わる際に気を付けたほうがよいこと、 女性と男性 (夫婦や兄弟姉妹) が協力して介護を担っていくために必要なこと、などお話しいただきます。

※本講座は会場参加もしくはYoutubeライブ配信の視聴でご参加いただけます

※配信内容を録画・撮影など記録して参加申込をしていない方への提供・SNSへの掲載はご遠慮ください。

日付

令和4年12月 3日 (土) 13:30~15:30 

会場

ココランド宇部

※Youtubeでのご視聴も可能です。※申し込み後、URLをお知らせします。

定員

先着60名程度

講師紹介 大阪公立大学 大学院文学研究科人間行動学専攻 准教授 平山 亮(ひらやま りょう)先生

1979年神奈川県生まれ。2003年東京大学文学部卒業。2005年東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。2011年オレゴン州立大学大学院博士課程修了。東京都健康長寿医療センター研究所福祉と生活ケア研究チーム 研究員を経て現職。

【著書】

『迫りくる「息子介護」の時代』(共著、光文社新書、2014年)

『きょうだいリスク』(共著、朝日新書、2016年)

『介護する息子たち:男性性の死角とケアのジェンダー分析』(勁草書房、2017 年)など。

対象

宇部市内に在学・在住・在勤の方
介護にご興味のある方全て

参加費

無料

インターネットでの参加申込みはこちら
電話およびメールでの参加申込みはこちら

電話:090-3301-3871(平日9時~17時)

メールアドレス local@localab753.jp

主催・企画運営・問い合わせ先

主催:宇部市 市民環境部 人権・男女共同参画推進課

企画運営:株式会社ローカルラボ